2016年05月02日 [09:14]   大宮アルディージャ | スポーツ | Jリーグ/2016 

J1/2016 第9節 大宮 vs 鹿島

GWに入り連戦スタートのJ1第9節。
ここ5試合を2勝2分1敗、昇格1年目を好発進で6位につける大宮。
前節今季2敗目を喫したものの、ここ5試合も3勝1分1敗と好調の3位鹿島。
どちらも優勝争いの為に、勝点3が欲しい試合。

Jリーグ2016 Division1 第9節
NACK5スタジアム大宮/12,594人
大宮 0-0 鹿島
ホーム大宮のスタメンは、1 加藤順大、19 奥井諒、2 菊地光将、3 河本裕之、22 和田拓也、17 横谷繁、23 金澤慎、41 家長昭博、39 泉澤仁、7 江坂任、8 ドラガン・ムルジャの4-2-2-2。
アウェー鹿島のスタメンは、21 曽ヶ端準、24 伊東幸敏、23 植田直通、3 昌子源、22 西大伍、10 柴崎岳、40 小笠原満男、25 遠藤康、7 カイオ、33 金崎夢生、8 土居聖真の4-2-2-2。

スコアレスドロー
立ち上がりから鹿島がボールを持っているが、しかし、大宮もボールを奪ってから早い攻めを見せてチャンスを作るなど、どちらも持ち味の出る試合の入りになる。
時間の経過とともに鹿島が優勢に試合を進め、大宮陣内に押し込んでいくが、しかし、大宮の最終ラインも粘り強く、集中して守ってゴールを許さない。
後半に入ると更に鹿島が攻勢を仕掛けて、大宮ゴールに迫っていくが、大宮もGK加藤順の好セーブもあってゴールを許さない。
鹿島の猛攻を耐える大宮も何とかカウンターから狙う部分もあったが、しかし、こちらもゴールを奪う事が出来ないままで、両チームともゴールを最後まで奪えず試合終了、スコアレスドローに終わる。

守り切った大宮
序盤はお互いに持ち味を出すような試合で、鹿島がボールを繋げば、大宮もカウンターを仕掛けていく。
ただ、徐々に鹿島の方が圧力を増していって、ほとんど大宮は攻めることが出来ず、ほとんどの時間帯で大宮陣内でのサッカーとなっていって、大宮は耐える展開になった。
それでも、大宮は最終ラインで粘り強く守って、GK加藤順の好セーブもあったが、それ以上にやはり最終ラインの体を張った守りが、確かに鹿島は圧倒的に攻めていたし、シュートも多かったものの、決定機と言うか、これは入ったというようなチャンスはほとんどなかった。
それだけ守り切った大宮ではあったが、しかし、試合自体は完璧に鹿島ペースであり、鹿島にとってみればほとんど危なげない試合であり、大宮は最終ラインでボールを持ってもプレスを掛けられる為に、攻撃に転じる事すら出来なかった。
評価として、大宮が何とか耐え抜いた試合と考えるべきか、鹿島は点こそ取れなかったが、圧倒した試合だったと言うべきか。
しかし、両チームとも勝点3を取れなかった試合だという事実だけは残る。

引き分けで良しとすべきか?
今季昇格直後であり、ある種、残留を決めれば良いという風に考えた場合、鹿島相手に勝点1と言う結果は良しとすべき結果なのかもしれない。
圧倒的に攻め込まれながらも、耐え抜いて、ゴールを与えず、ムルジャや家長昭などの仕掛けもあった。
しかし、現在の順位が6位であること、何よりも来季以降を考えた時に、相手が鹿島だからと言って、ホームでの引き分けを良しとすべきかどうか?
昨季好成績をおさめたものの、結果として選手が引き抜かれて今季、降格圏に低迷している湘南と言う例がある。
来季以降も考えた時に、大宮で優勝争いをしていく事を考えるべきであり、その為には、やはり、ホームの試合で、相手が鹿島だから、もしくは、川崎Fや浦和だからと言って引き分けで良しと出来るものではないだろう。
こういう試合で勝点3をどうやって取るのか、今の大宮の最大の課題だろう。

決め切れず
前線からのプレッシングも機能して、大宮がボールを持ってもすぐに奪い返して、攻勢を続ける。
大宮相手に圧倒的に優勢に試合を進めた鹿島だったが、しかし、決定的なシーンと言うのは、そこまで多くなかった。
遠藤康やカイオが決定機を掴んだものの、GK加藤順だったり、ギリギリで戻ってきた大宮の守備陣に体ごとブロックに入られてゴールを奪うにはいたらなかった。
精度の問題と言う訳でも無く、シュートは結構枠に飛んでいた。
ただ、それ以上に大宮の守備が良かったという所だろう、ゴール前になかなか入っていけなかった、スペースを作るというか、ギャップを作るという攻めが出来なかったという事が問題だったのだろう。
金崎夢だったりカイオや遠藤康、更には柴崎岳や小笠原満などなど良い選手はいるが、だからこそ、かえって攻め切れなかったのだろうか。
鹿島にとってみれば、確かに大宮の守備が良かったというのもあるが、そういう相手から点を取る為に、どう戦うのか、例えば金崎夢をどう活かすのか、前線の選手が囮になって、カイオだったり遠藤康だったりが前を追い抜いて行くのか、などなど、アイデアがもっと欲しい所だ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。