2016年05月15日 [09:14]   サッカー五輪代表 | スポーツ | 五輪代表/2016 

トゥーロン国際大会2016 メンバー発表

リオ五輪を目指す五輪代表の最後の強化試合とも言うべきトゥーロン国際大会。
先日のガーナ戦とこの大会のメンバーから最終の18名が選ばれる事になるのだろう。

【スタッフ】
監督
手倉森 誠 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コーチ
秋葉 忠宏 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ
佐藤 洋平 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
コンディショニングコーチ
小粥 智浩 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/流通経済大】

【選手】
GK
1 櫛引 政敏 1993.01.29 186 cm 82 kg 鹿島アントラーズ
12 中村 航輔 1995.02.27 184 cm 72 kg 柏レイソル
DF
2 ファン・ウェルメスケルケン 際 1994.06.28 178 cm 72 kg FCドルトレヒト(オランダ)
3 奈良 竜樹 1993.09.19 180 cm 77 kg 川崎フロンターレ
4 岩波 拓也 1994.06.18 186 cm 72 kg ヴィッセル神戸
5 植田 直通 1994.10.24 186 cm 77 kg 鹿島アントラーズ
6 亀川 諒史 1993.05.28 177 cm 68 kg アビスパ福岡
13 三丸 拡 1993.07.06 172 cm 69 kg サガン鳥栖
MF
7 原川 力 1993.08.18 175 cm 72 kg 川崎フロンターレ
8 大島 僚太 1993.01.23 168 cm 64 kg 川崎フロンターレ
10 矢島 慎也 1994.01.18 171 cm 67 kg ファジアーノ岡山
11 野津田 岳人 1994.06.06 176 cm 70 kg アルビレックス新潟
14 前田 直輝 1994.11.17 175 cm 66 kg 横浜F・マリノス
15 喜田 拓也 1994.08.23 169 cm 63 kg 横浜F・マリノス
17 井手口 陽介 1996.08.23 171 cm 71 kg ガンバ大阪
18 南野 拓実 1995.01.16 174 cm 67 kg ザルツブルク(オーストリア)
FW
9 久保 裕也 1993.12.24 178 cm 72 kg BSCヤングボーイズ(スイス)
16 浅野 拓磨 1994.11.10 171 cm 70 kg サンフレッチェ広島
19 鎌田 大地 1996.08.05 180 cm 72 kg サガン鳥栖
20 富樫 敬真 1993.08.10 178 cm 73 kg 横浜F・マリノス

※南野拓実選手は、所属クラブの公式戦出場後、5月21日(土)からチームへ合流する予定です。
※久保裕也選手は、所属クラブの公式戦出場後、5月23日(月)からチームへ合流する予定です。
(JFA公式サイトより抜粋)


先日のガーナ戦も踏まえると、ある程度絞られたという所だろう。
GKに関しては、櫛引政と中村航の二人と言うのは、ここ最近の状況から考えたら確定であろう。
予選での櫛引政の出来と、Jリーグでの現在の中村航の出来を考えた場合、今の五輪代表年代では、この二人が選ばれるに足る事は間違いないし、この二人がいれば、おそらく、ここにOAは不要であろう。
後は、どちらを正GKとするのだろうか。

DFに関しては、先日書いたようにCBに関しては、植田直を中心に、奈良竜と岩波政で確定だろう。
と考えていたのですが、まさかの奈良竜の負傷、骨折でリオ五輪出場はほぼ絶望的と言う所らしい。CBはある程度専門職であるが、そこから3人と考えた場合、ここまで、この3人がほぼ確定的に感じただけに、かえって、後一人が迷う所になりそうだ。
SBに関しても、室屋成に、先日の山中亮が負傷離脱中、ここに関しては、選手がいたが、負傷者が多いという所だろう。
先日のガーナ戦の出来から伊東幸が選ばれるかと思ったが、亀川諒が選ばれながらも伊東幸は選ばれませんでしたね。
もしかしたら、この状況を考えて、SBにOAを入れる方向で決めたのかもしれませんね。

MFに関して、あれ、遠藤航は? 浦和が拒否った? ここにきて、五輪代表主将を務めてきた遠藤航をトゥーロンでも外す意図が良く分からないが・・・
中島翔に関しては負傷と言うのは分かっているのですが・・・
後は南野拓を招集しており、先日の試合で良い動きをみせていた野津田岳や得点と言う結果を出した矢島慎、後、途中交代からアピールをした前田直が選ばれているが、中島翔が間に合うか次第の部分もあるが、OHに関しては、ある程度決まったという所か?
CHに関しては、遠藤航が分からないが、今回は喜田拓が招集されているし、大島僚と井手口陽を踏まえて、ここもある程度、決まってきている気がするが、さて、どうするのかと言う所で、やはり、何より遠藤航がどうなるのだろうか。

FWに関して言えば、やはり、中心となるのが浅野拓として、ガーナ戦の結果を踏まえて富樫敬を招集。
更に、久保裕が選ばれているが、ここで鎌田大を招集してきましたね。
2トップを採用するとしても3人となるのが五輪代表のFWの人数だとしたら、まだまだ迷いがあるのだろう。
ただ問題は、今回選ばれた4人は十分な力がありますが、個人的には、出来れば高さと強さがある選手が欲しい。
攻撃に関してと言うのもあるが、何よりも守備の事を考えたら、高さのある選手が欲しい所であり、また、高さの無い選手だけで勝負と言うのは、何となくブラジルWCでの失敗を思い出させるのでね。

このメンバーがベースになってくると思われるが、先に書いたように遠藤航が何故がいない。
後は、負傷で抜けているメンバーが間に合うのかどうかとOAをどう使うのか、とはいえ、絞られてきた感はありますね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。