2016年06月18日 [06:03]   EURO2016 | スポーツ | EURO2016 

EURO2016 スペイン vs トルコ

EURO2016の8日目。
初戦でチェコ相手に終了間際のゴールで勝利をしたスペインとクロアチア相手に敗れたトルコ。
連覇を狙うスペインにとって、52年間負けていない相手ではあるが、トルコにとってはGS突破のためには、勝たないといけない試合。

UEFA EURO 2016 FRANCE
[21]グループD ニース スタッド・ド・ニース/33,409人
スペイン 3-0 トルコ
(ESP) アルバロ・モラタ(34分、48分)、ノリート(37分)
スペインのスタメンは、13 ダビド・デ・ヘア、16 フアンフラン、3 ジェラール・ピケ、15 セルヒオ・ラモス、18 ジョルディ・アルバ、5 セルヒオ・ブスケツ、10 セスク・ファブレガス、6 アンドレス・イニエスタ、21 ダビド・シルバ、7 アルバロ・モラタ、22 ノリートの4-1-2-3。
EURO2016 スペイン vs トルコ
トルコのスタメンは、1 ボルカン・ババジャン、7 ギョクハン・ギョニュル、15 メフメト・トパル、3 ハカン・バルタ、18 ジャネル・エルキン、8 セルチュク・イナン、16 オザン・トゥファン、14 オウズハン・エジャクップ、6 ハカン・チャルハノール、17 ブラク・ユルマズ、10 アルダ・トゥランの4-1-2-3。

スペイン快勝
立ち上がりからスペインが試合の主導権を握り、ボールを支配して、トルコを崩していくが、トルコが耐え続けていたのもの34分、左サイドで基点を作っておいて、ノリートがクロスを入れると、中央でその早いクロスにピンポイントで触るようなヘディングでモラタがコースを変えてゴール、スペインが先制する。
更に37分、スペインらしいパス回しからファブレガスが裏に落とそうとしたボールはトルコDFが下がりながら触ったもののクリアできず裏にそらしてしまい、そこに走り込んだノリート合わせてゴール、早い段階でスペインが追加点を奪う。
後半開始早々、中央でイニエスタがドリブルで仕掛けてDFが寄ってきた所でスルーパス、これはオフサイドではあったが、ジョルディ・アルバが裏に出てダイレクトで中に入れると、モラタがゴールに押し込んで、スペインが48分3点目を奪う。
3点目を取った事でスペインのペースが若干落ちて、それに合わせてトルコが仕掛けて行けるようになるが、しかし、ゴールを奪える気配はほとんどない。
結局そのままスペインが勝利をおさめ、GS突破を決める。

守り切れず
スペイン相手に守って、その上で、一発のカウンターなどで1点を取って勝利を狙うというのがトルコの狙いだったように思える。
その為に、中盤を厚めにしておいて、全体的に下がった守備的な戦い方をしていた。
確かにスペースがほとんどなくて、スペインの攻めを封じることが出来る部分があったが、しかし、それだけで勝てる程、いや、止められるほど、スペインの攻撃は甘くはなかったという所だろう。
スペースを無くしておいて戦っていたのだが、その狭いスペースでも簡単にスペインが突破をしてしまう。
そして、失点をしたところで一気に攻め込まれてしまった。
点を取られた後は、何とか点を取りに行かないといけないのだが、トルコのサッカーでスペインの守備を突破する事は出来ず、更に言えば、後半開始した所で、良い流れを掴めそうだったタイミングでの失点をしてしまった事もあって、完全に試合の流れを、自分たちのサッカーのリズムを見失ったという所だろう。
得点差も含めて、完全なまでに力の差を見せつけられる結果になった。

単純な事をシンプルに行う
良く日本が目指すべきサッカーは、メキシコのようなサッカーだったり、目標がスペインだったりと言われる。
ただ、この試合を見ていてもそうですが、スペインのサッカーは、基本的に何か難しい事をしている訳ではなく、極端なまでにシンプル。
ボールをもったら、きっちりと味方に繋ぐというのもあるだろうが、受け手もスペースに動いて、そのDFの間にボールを通していく、ただ、そのボールの出し方、受け方、サッカーにおいては、例えば、走って受ける、歩いて受ける、一直線、弧を描いて、一旦下がってから前へ、逆に前にいってから戻って、色々なやり方があり、その組み合わせはそれこそ無限大になるのだろう。
だからこそ、それを活かすことで相手のDFを翻弄する事が出来る、そのお互いの考え方がきっちりとすり合わせた、連携が出来ている事、それは守備においても、コンパクトに保っていて、ボールを奪われてもすぐにプレスを仕掛けることが出来る。
そういうシンプルに出来る事を繰り返し、多くの判断をきっちりと出来る事、そして、それがチーム全体で共有できていて、バランスが取れている事、そういう事が出来るかどうかであって、単純な技術不足もそうだが、日本にとっては、そういう戦い方が、どういう状況でも出来るようになるような経験が必要なのかもしれない。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。