2016年08月28日 [10:09]   名古屋グランパス | スポーツ | Jリーグ/2016 

J1/2016 第27節 名古屋 vs F東京

J1も第27節。
勝利から遠ざかり、先日実質的には監督解任となった16位名古屋。
ここ5試合を3勝2敗、上位陣には届かないが、監督交代から調子を上げている12位F東京。
苦戦が続く両チーム、監督交代で流れを変えて、勝利を挙げていくのはどちらか。

Jリーグ2016 Division1 第27節
豊田スタジアム/14,379人
名古屋 1-1 F東京
(名古屋) 野田隆之介(45分)
(F東京) 中島翔哉(91+分)
ホーム名古屋のスタメンは、1 楢﨑正剛、13 磯村亮太、36 酒井隆介、2 竹内彬、33 安田理大、15 イ・スンヒ、10 小川佳純、7 田口泰士、32 川又堅碁、18 野田隆之介、11 永井謙佑の4-1-2-3。
アウェーF東京のスタメンは、47 秋元陽太、6 室屋成、3 森重真人、5 丸山祐市、2 徳永悠平、4 高橋秀人、27 田邉草民、17 河野広貴、38 東慶悟、11 ムリキ、20 前田遼一の4-2-3-1。

F東京追いつく
これまでと異なり、立ち上がりからパスを繋ごうとする名古屋、ただ、まだ合わない部分も多く、F東京が名古屋のミスからボールを奪ってカウンターと言う場面もあるが、どちらかと言うと、名古屋が狙い通りの戦いをしている雰囲気。
名古屋がボールを持っているがシュートまでなかなか行けず、このまま前半が終わるかと思われた45分、左サイドの高い位置でキープした安田理がクロスではなく、マイナス方向にパス、それを田口泰が後列なミドルシュートでゴールを狙い、ここはGKの秋元陽が反応して弾くも、こぼれ球に詰めていた野田隆が押し込んで名古屋が先制。
名古屋が前線からのプレスを見せて、なかなかF東京にチャンスを与えなかったが、F東京も交代を活かして、徐々に猛攻を仕掛けて、それでも耐え抜いていた名古屋に対して、アディショナルタイム、中島翔がボールを受けると右足一閃、ゴールを決めて同点に追いつく。
結局、そのまま同点で試合終了。

勝ち切れず
どちらも監督交代と言う策をうった両チームの対決、F東京は、それが奏功して、交代後の4試合は3勝1敗と流れを変えてきていた。
それに対して、名古屋もここで流れを変える結果が欲しい所ではあったが、内容こそ、ミスは目立ったが、何とかしようとする意図は見えた。
しかし、結果として、名古屋は勝利と言う結果は手に出来なかった。
監督交代と言う手をうった以上、結果が何よりも欲しい名古屋だったが、流石に、交代からの期間が短かかったかもしれない。
勝ち切れないという結果には終わったものの、特に名古屋は狙いははっきりとしていたように思える。
それに対して、F東京は、ここ最近と異なり、少し迷いがあったような気がする。
結果として、監督交代からサッカーを完全には改善し切れなかった名古屋と、迷いがあったF東京と言う事で、お互いに勝てなかったという所だろう。

ミスが目立った
名古屋は、ここ最近の5バックから、一転して、4-1-2-3としてきた。
特に前線を3トップにして広くサイドを使う事を狙ったのが良く分かり、更に、中盤からポゼッションをしていく事で、試合の主導権を握ろうという意図が見えた。
結果自体はついてこなかったが、狙いははっきりとしていてが、しかし、まだまだサッカー自体は練習不足と言うべきか、ボールを繋ぐ所でミスが目立って、逆に、そこからカウンターを喰らう場面も何度かあった。
サイドで基点となる事が出来ていたので、名古屋にとってみれば、ここから十分可能性を感じることが出来た。
ここ数年、優勝争いをしていたような強豪だったり、オリジナル10だったりもJ2へと降格している。
それだけに、今季は名古屋自体が落ちない為にも、ここで一気に流れを変えていきたい所だ。

消極的
ここ最近、結果を掴むようになってきていたF東京だったが、この試合は、どうにも消極的と言うか、試合に入り切れていないようなフワッとしたサッカーだった。
特に前半、名古屋のパス回しに、プレスを仕掛けるでもなく、下がって受けてしまうような、何となく無理しないでいなしていると言えば良いのか、どちらかと言うと、何となく受け手に回っているという展開だった。
結局、ふわふわしたまま試合を進めた事で、前半終了間際に名古屋に先制を許したことで、後半は、少し変わったものの、1点リードを許しているとは思えない試合運びだったように思える。
ただ、ベンチはその流れを変えようとするかのように、交代カードを切って、それに応じて、徐々に思い切りが出てきた。
最終的に中島翔のゴールで同点に老いることが出来たのだが、F東京にとってみたら、引き分けで終れて良かったというべき内容の試合であり、ベンチワークでチームの調子が上がってきているのが分かるような試合でもあった。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。