2016年09月17日 [08:30]   FIFA U-17 World Cup | スポーツ | U-17/インド2017 

AFC U-16選手権2016 日本 vs ベトナム

来年のインドで行われるU-17WC出場権をかけたアジアでの戦い。
今大会でベスト4に入る事がWC出場のために必要。
その重要な初戦はベトナムが相手。

AFC U-16選手権ベトナム2016 グループB
[4]第1節 GMC Stadium
日本 7-0 ベトナム
(JPN) 久保建英(16分、64分)、福岡慎平(24分、51分)、宮代大聖(40分)、監物拓歩(79分)、山田寛人(85分)
日本のスタメンは、1 谷晃生、7 菅原由勢、5 瀬古歩夢、3 小林友希、6 喜田陽、4 平川怜、10 福岡慎平、9 久保建英、13 中村敬斗、11 宮代大聖、18 山田寛人の4-2-2-2。
AFC U-16選手権2016 日本 vs ベトナム

前半
ベトナムのキックオフで試合開始。
ベトナムも良い形でボールを繋いでくるが、パス回しでは一歩上回る日本が、14分、瀬古歩が縦に入れたボールを宮代大が受けて仕掛けようとしたところで、DFが挟み込んできてファール、ゴール正面の良い位置でFKを得ると、久保健の左足からのシュートは壁の上を超えて右隅に吸い込まれるように綺麗な弾道で、GKの逆をついて届かない素晴らしいゴールで、16分、日本が先制。
更にペースを握る日本は、24分、高い位置で平川玲が相手のボールをカットすると、それをダイレクトで中村敬がDFの裏に落とし、そこに走り込んだ福岡慎がGKの動きを冷静にみてゴールに流し込み、日本が追加点を奪う。
日本が優勢に試合を進める続けると、40分には、右サイドからのスローインを受けた宮代大が上手く反転してマークが遅れた隙をついて、左足一閃強烈なミドルシュートを叩き込んで、日本は3点目を奪う。
その後、再びFKのチャンスもあったが、日本が3点リードで前半を折り返す。

大人なサッカー
3点リードで折り返した事は見事でしたが、失礼を承知で言えば相手がベトナムだから、この内容は当たり前とも言える。
その上で、この試合の日本のサッカーを観ていて思うのが、3点を取った事以上に、内容的に落ち着きのあるサッカーを見せた事だろう。
先日のA代表でさえ、いや、最近の日本代表はアジアでの戦いでさえも、慌てるというか、落ち着きのない試合をしている。
それが、この試合、初戦に当り、しかも、2年前にはWCの出場を逃していての戦いなど、諸々のマイナスとなるファクターもありながら、立ち上がりから動きが悪くも無く、落ち着きのあるサッカーを見せていた。
ベトナムが序盤はボールを回してきていたが、それ以上に、日本のボールの扱い方、個人の技術や組織力など全てにおいて一歩上回っていると言える。
それを活かして、冷静に落ち着いた、16歳に思えない落ち着いたサッカーを見せている。
先日、トップ昇格を果たした久保健を筆頭に、何人かが、ここにきてトップチームへの契約を果たしている部分もあるが、それ以上に、普段からユースの試合で経験をしてきているのも、もしかしたら大きいのかもしれない。
こういう、上手く相手をいなしながら、ボールを回して、隙をついて攻めるなど、リードを活かした戦い方を含めて、強いチームの戦い方ができる日本と言う事が出来ていれば、全く心配する事が無い試合になっている。

後半
日本は、3番小林友希に代えて16番監物拓歩を投入、ベトナムは前半から交代は無く、日本のキックオフで後半開始。
後半に入っても日本ペースは変わらず、50分、右CKからのボールを、GKがパンチングするが、そのボールを走り込んだ勢いを活かしたジャンプヘッドで福岡慎が距離があったがコースを狙い澄ましていてゴール、日本が4点目を奪う。
更に、日本は早め早めに動き、この試合2ゴールの福岡慎に代えて、53分、17番瀬畠義成を投入する。
日本は64分、左サイドへと展開すると、中村敬が仕掛けて、そこから中にマイナスのパス、これを受けた久保健が中に行くと見せかけて外を縦に抜けてDFをかわすと角度の無い位置からクロスを狙うフェイントでGKの逆をつくニアサイドを冷静に抜くシュートを決めて、日本は5点目を奪う。
ここで、最後の交代として、66分、喜田陽に代えて、19番菊地健太を日本は投入する。
ベトナムも73分、8番NGUYEN TRAN VIET CUONGに代えて14番TRAN VAN DATを投入する。
79分には、日本が右サイドでFKを得ると、久保健が早くゴール前に入れたボールにニアサイドで監物拓がヘディングで合わせて6点目。
85分には、パスを繋いでベトナムの守備を翻弄しておいて、最後は平川玲からのスルーパスに抜け出した山田寛が左足で決めて、7点目を奪う。
ただ、87分、日本の久保健がピッチ上に座り込み、既に選手交代を終わらせた日本は、久保健がピッチに外に出されて、日本は一人少なくなる。
しかし、試合の主導権は日本が握ったまま、7点差で日本が初戦を快勝で飾る。

最後までバランスが良かった
まさにこれに尽きると思いますね。
終了間際に久保健が足を痛めてピッチから運び出されて一人少なくなっても、試合の流れが変わる事無く、安定して戦い抜けた。
また、点差が開いても、緩める事無く、自分たちのペースを維持、それも、ハイペースを続けるというよりも、点差が開いているのを活かして、ボールをゆっくりと回すシーンなどもあり、そうやっておいて、相手が取りに出てきた所で裏を狙うなど、本当に上手かったと言える。
ベトナムの守備が真ん中に寄っている部分もあったので、サイドからの崩しが効果的に決まって得点を重ねた訳ですが、その為に裏に動き出す動きなども最後まで手を抜かずにつづけた前線の選手の頑張りが、攻撃の良さに繋がった部分でもあるだろう。
そして、それ以上に、中盤の底でバランスを取った、福岡慎や平川怜、そして、途中交代で入った瀬畠義といった中盤の底に入った選手のバランス感覚が優れていて、前に行き過ぎず、下がった位置で一旦ボールを戻せるように構えておいて、ここぞという時に一気に入っていく、その意味で、最近の代表になかった、ボランチの出来るCHが出てきたようにも思える。
後は、このレベルの試合運びを、どのレベルの相手まで出来るかどうか。
この試合、ほとんど攻められることも無くて、だからこそ、守備は保険的なバランスの取り方で良かったのだが、日本と五分以上の相手と戦った時に、どうやってゲームをコントロールするのか、そういう部分、先を見越して必要になってくるだけに、この試合のようにパス回しを含めて、動きのあるサッカーと、ゲームの流れを読んだ展開への持ち込み方が出来るかどうか、初戦大勝で気を抜くことは無いと思うが、油断せずに、きっちりとWC出場権を獲得して欲しい所だ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。