2016年10月03日 [09:04]   キングオブコント(C-1グランプリ) | お笑い | 徒然なるままに 

キングオブコント2016

2016年のキングオブコント。
第9回の今回は、優勝経験者が挑戦して、決勝に駒を進めた訳ですが、さて、今年のコント師日本一はどの組になるのか。
決勝進出メンバーは以下の通り。

しずる (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京) 4年ぶり4回目
ラブレターズ (ASH&Dコーポレーション) 2年ぶり3回目
かもめんたる (サンミュージックプロダクション) 3年ぶり3回目(2013年王者)
かまいたち (よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 初出場
ななまがり (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京) 初出場
ジャングルポケット (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京)  2年連続2回目
だーりんず (SMA NEET Project) 初出場
タイムマシーン3号 (太田プロダクション) 初出場
ジグザグジギー (マセキ芸能社) 3年ぶり2回目
ライス (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京) 初出場


何と言うか、既に売れているグループも出てくるキングオブコントではありますが、その影響か、これで優勝しても、何かあんまり売れるってイメージが無いんですよね。
ちょっと、かもめんたるのネタも忘れている位ですからねぇ・・・。
ま、その意味で、今回かもめんたるが決勝に再び出てきましたが、これで勝てば、流石に売れるか?
・・・無理か?
司会と審査員は、前回と同じ。

司会 浜田雅功
審査員 松本人志、三村マサカズ、大竹一樹、設楽統、日村勇紀





ファーストステージ
しずる 443(85)
基準点にしましたが、しかし、独特の世界観はいつも通りですね。
それでも、最後の「誰もいないのになぁ~」に不覚にも笑ってしまった。

ラブレターズ 424(80)
しずる以上にわけのわからない世界ですねぇ。
内容的には、ただ普通のネタをリズムに乗せてやっているだけですが、正直、リズムネタは食傷気味なんでねぇ。

かもめんたる 444(83)
コントは独特の世界観を作らないといけないのか?
何と言うか、期待値が高かったのかもしれないが、少しついていけなかったな。

かまいたち 458(92)
いかん、本気で笑ってしまった。
何と言うか、基本と言うか、同じことを繰り返していくだけの中で、やらないって言うのが笑いになるからねぇ。
しかし、ハプニングはどう影響したのかな。

ななまがり 430(90)
意味が分からないのだが、何だろう、笑わされてしまった。
茄子できておいてのネギがツボにはまった。

ジャングルポケット 466(84)
何だろう斉藤がツッコミ側と言うか、振り回される側に回るのも珍しいな。
勢いだけのジャングルポケットのネタらしかったけど、それだけで新鮮な感じでしたね。

だーりんず 431(88)
何ていうか、変な所に入ってしまった感があるなぁ。
ニヤニヤしてしまうのもなぁ。

タイムマシーン3号 445(96)
面白い、ただただ面白い。
って言うか、タネのばれている手品ですけど、よくあれだけ準備しましたねぇ。

ジグザグジギー 433(83)
こんなお店嫌だなぁ~。
ただ、悪くは無かったのですが、ここぞという所でのオチのようなものが無かったなぁ。

ライス (91)
コントらしいコントと言うか、設定を活かしたネタではないが、ここまで特殊なものが多いだけに正統派に感じましたね。
こういうのがコントなんでしょうねぇ。

何か、昨年も同じことを書いた気がしますが、これはコントの宿命なのかなぁ、後一山欲しいという所で、なかなか持って行けずに、ネタが終わってからの浜ちゃんのいじりで盛り上げている感があるのはなぁ。



ファイナルステージ
かもめんたる 439(82) ⇒883
面白いというか、気持ち悪い。
途中までは良かったんですけど、オチがねぇ。

タイムマシーン3号 448(99) ⇒893
いかん、近所迷惑だ。
久々に爆笑してしまった。何は無くともただただ面白かった。

かまいたち 456(90) ⇒914
本当に何がしたいねん。流石の出来ではありますねぇ。
ただ、その前のタイムマシーン3号の勢いが強すぎて、ちょっとこちら側が息切れしていたなぁ。

ライス 470(86) ⇒936
そういう設定かぁ。ただ、1回目の方が面白かったなぁ。
何かが惜しいって感じですけどねぇ。ただ、芸人の評価は高いなぁ。

ジャングルポケット 464(84) ⇒930
ジャンポケらしい爆発力と言うのかな、騒々しさで強引にネタを持っていくのがないな。
ま、1回目も斉藤がツッコミに回った訳ですから、ちょっと、新しいジャンポケを目指しているのか?

という訳で、ライス優勝おめでとう!
うーん、個人的にはタイムマシーン3号が面白かったのですが、芸人的な部分では、ライスの方が上だったのかな?
とはいえ13年やってきて、漸く日の目を見た訳ですが、優勝しただけでなく、ここからですからね。
一応、当初は色々と呼んでもらえるが、それをものに出来るかどうか。
この辺は、もしかしたらですが、コントのみできている場合は、バラエティー番組の主力と言うか多い部分でトーク番組であるので、ある程度以上のアドリブ力が問われるのが、漫才師などと比較すると弱いのかな。
MCとかまでいければ別でしょうけどね。
もしくは、演劇の方に行くとかね。
ただ、「○○くれぇ~」ってネタが出来ているのは、例えばバイきんぐの「何て日だっ!」とか、コロコロチキチキペッパーズの「やっべ~ぞ」みたいに上手く使えば武器になると思いますからね。
来年まで生き残っているように期待したいですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。