2016年10月14日 [08:57]   Jリーグ | スポーツ | その他/2016 

J1来季から1シーズン制へ移行

お金の問題で2ステージ制になっていたが、大型スポンサーがついたことによって、来季から再び1シーズン制になる事が、Jリーグの理事会で決定したようです。
他にも色々と決まったようだ。

◆大会方式変更 今季の2ステージ制から1シーズン制へ移行。
◆サマーブレイク期間創設 7月末か8月初旬にリーグ戦の中断期間を設け、海外クラブなどとのプレマッチ推奨。
◆外国籍選手の登録枠拡大 これまでの外国籍選手3人+アジア枠1+特別枠1から、国籍を問わず5人登録できる。ただし、11月以降のAFC(アジアサッカー連盟)の外国人枠制の変更がある場合、さらなる拡大の可能性あり。
◆東京五輪世代の育成促進の強化 ルヴァン杯において、東京五輪出場に該当する年代選手の出場枠を設ける。
◆配分金の変更 J1の均等配分金は一律3億5000万円、優勝クラブへの強化配分金15億円(最大3年間に分けて支給)、優勝賞金3億円で、優勝クラブには計21億5000万円支給。他に均等配分金はJ2で一律1億5000万円、J3は5000万円で、いずれも今季の約2倍。
J1来季から1シーズン制へ移行 J理事会で承認(日刊スポーツ)


先の1シーズン制移行だけでなく、個人的には配分金を増やせたのも大きいが、諸々、Jリーグの強化にも繋がるだろう案も多くて、お金ってやっぱり大切なんですよねぇ。
それはそれで、2ステージ制は良い面が無かった訳でもないけども、やはり、勝負は1年を通じてと言うのがベスト。
日本人の気質が、どちらかだけで良しとしないからこそ、何とか機能している2ステージ制ではあるものの、続ければ、1stの結果で2ndの内容が大きく変わるとか、悪い方向が出てくる可能性があるだけに、さっさと廃止して正解でしょうね。
但し、個人的にはCSは、上手くやれば盛り上げることが出来るし、それは同時に、Jリーグの終盤の盛り上げにもプラスになる。
だからこそ、CSは続けて欲しいし、何だったら、XSCとかYLCとかと合体させて、天皇杯優勝、準優勝、YLCの優勝と準優勝に、Jリーグの1位から3位までで、その年のNo.1を決めるというのも良いじゃないかな?

さて、それ以外の部分で言えば、YLCで若手育成枠を作るのは、個人的には以前からやるべきだと思っていた事なので、賛成ですし、夏場のサマーブレイク期間の創設は賛成、ま、8月初旬とするよりも、暑さのピークとなるお盆も避けて、7月20日から8月20日までの1ヶ月間位にした方が良いとも思いますけどね。
そうなると、ハードスケジュールになるので、その辺をどう吸収するのかと言うのが課題ですが・・・
但し、私は個人的にはフルシーズン推奨派ですから、サマーブレイクにしてもウインターブレイクにしても無い方が良いと思っていますけどね。

外国籍選手の登録枠に関しては、J3まで増やしたことによって、チーム数と選手数の兼ね合いが悪くなってきているのは事実。
選手寿命が延びてきているのもあるが、それでも、やっぱり課題となる部分だったのですから、選手を増やすという意味で、外国籍選手枠を増やすのは賛成です。
主要ポジションが外国籍だらけになって、代表にそのポジションの選手がいなくなるという懸念があったりするが、それも、あまり気にする必要もないだろうし、登録枠と言うよりも、ピッチ上に6人日本人がいれば良いとかにしても良いと思いますけどね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。