2016年12月01日 [09:20]   ACL | スポーツ | ACL/2016 

ACL2016 決勝 全北 vs アルアイン

2016年のACLも決勝の第1戦。
東地区でF東京と同じグループからメルボルン、上海、ソウルと強豪を倒して勝ち上がってきた全北。
西地区のグループDで2位通過ながらも、ゾブ・アハン、タシュケント、アル・ジャイシュを倒してきたアルアイン。
どちらも得点力の高さを誇る両チームの戦い。

AFCチャンピオンズリーグ2016
[29]決勝 韓国 全州ワールドカップ競技場/36,158人
全北現代(KOR) 2-1 アルアイン(UAE)
(全北) LEONARDO RODRIGUES PEREIRA(70分、77分PK)
(アルアイン) DANILO ASPRILLA(63分)
ホーム韓国の全北現代のスタメンは、1 KWOUN SUNTAE、27 KIM CHANGSOO、3 KIM HYUNGIL、15 LIM JONG EUN、19 PARK WONJAE、25 CHOI CHUL SOON、17 LEE JAE SUNG、13 KIM BO KYUNG、11 RICARDO LOPES、99 KIM SHIN WOOK、10 LEONARDO RODRIGUES PEREIRAの4-1-2-3。
アウェーUAEのアルアインのスタメンは、17 KHALID EISA、21 FAWZI FAYEZ、5 ISMAIL AHMED、19 MOHNAD SALEM、50 MOHAMMED FAYEZ、13 AHMED BARMAN、16 MOHAMED ALRAQI、29 LEE MYUNG JOO、70 DANILO ASPRIL、10 OMAR ABDULRAHMAN、7 LUCAS FERNANDES CAIOの4-1-2-3。

全北が逆転勝利
立ち上がりか中盤でのボールの奪い合いとなり、どちらもなかなか攻め手が見出せず。
お互いにセットプレー以外では得点の気配はないまま時間が経過して、前半は、お互いに無得点のまま終わるが、後半に入ると、徐々に試合は動き出し、55分前後から、お互いにカウンターから決定的なシーンを作り合う、縦に早い展開になっていく。
63分、アルアインは、シュート性の早いパスを右サイドで10番OMARが見事なトラップから、DF3人を引き付けておいて、絶妙なクロスを入れると、下がり目に位置していた70番DANILOがトラップが素早い振り足で見事に狙いすました左足シュートを決めて、アルアインが先制。
1点リードを許した全北は、自陣から一気に前線に入れると、中に流して、10番LEONARDOが中に少し入っての右足一閃、強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さり、全北が70分、同点に追いつく。
同点にしてリズムが出てきた全北に対して、アルアインが74分には、ゴール正面の絶好の位置でFKを得ると、10番OMARが蹴ったシュートは壁に当たるが、そのこぼれ球を5番AHMEDが押し込みに行くが、ここはGKが飛び出してブロック、そして、DFがクリアする。
すると、今度は、全北の攻撃で、左サイドからクロスを入れた所で、ファーサイドに飛び込もうとした99番KIM SHIN WOOKに対して、50番FAYEZが完全に腕を掴んで引き倒しPK、これを10番LEONARDOが右隅に決めて、全北が77分、逆転する。
どちらもチャンスが、このまま終わらなそうな雰囲気の中で、しかし、結局ゴールを奪えず、試合終了、1stレグは、ホームの全北が先勝。

どちらとも言えない
何と言うか、両チームとも、Jリーグで活躍した選手が見られて、懐かしいというべきか、面白い気もした。
ま、中東勢に関しては、毎年のようにJリーグから選手が奪われているが、そろそろ、Jリーグの外国籍選手ではなく、日本人が引き抜かれても良い気もするけどね。
ただ、引き抜かれた選手は、中東でサッカーをする事はあまり良くないのか、Jリーグに戻ってくる選手も多い。
それはそれとして、この試合は、どちらかと言うと、お互いに負けたくないから固い試合になった。
その中で、後半に入ると、早い展開になってきて、試合が動き出すと、両チームとも得点を重ねて、結果として、ホームの全北が勝った。
先に勝った事は大きいし、次の試合は引き分けでも問題が無くなった。
しかし、それと同時に、アルアインもアウェーゴールを奪う事が出来ている。
こうなってくると、例えば、アルアインはとにかく攻めていくだけですが、全北は守るのか攻めるのかの迷いが出る可能性がある、それも、この試合の前半の様な膠着した展開になると、このままで良いという思いが出て、動きが下がってしまうというのは良くある事だ。
そういう意味でも、確かに全北が有利ではあるが、試合展開次第で、どうなるか不透明な試合だったとも言えるだろう。

Jリーグとの差
正直、この試合を観ていて、この2チームがJリーグ勢よりも強いとも思えない。
とはいえ、弱いと言えない。
しかし、ここ数年、Jリーグ勢は勝ち抜けなくなっている。
力の差は無いと思っているのですが、しかし、実際に、勝ち抜けなくなっている。
この試合を観ていると差は、違いを生み出せる選手の差かなとも思える。両チームの10番が、この試合では勝負を決める決定的な働きを出来ている。
得点シーンだけに限れば、アルアインの10番OMARは前線で絶妙なトラップからDFを引き付けてキープと、絶妙なクロス。
全北の10番LEONARDOの同点ゴールの凄いシュートだった。
Jリーグでも、違いを出す選手はいるが、しかし、この二人と比較した場合、少し劣るように感じた。その差が、今のJリーグが勝てない理由になるのかもしれない。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。