2017年01月06日 [08:28]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第95回高校選手権 

第95回選手権準々決勝 東福岡 vs 東海大仰星

今年の高校サッカーも準々決勝。
昨年王者の東福岡は、ここまで安定した強さを見せて勝ち上がってきている。
対する大阪の東海大仰星は、常にギリギリの戦いの中で、泥臭く勝利をおさめてきていた。
埼スタへと駒を進めるのは、連覇を狙う東福岡か、それとも東海大仰星が初のベスト4となるのか。

第95回全国高校サッカー選手権大会
準々決勝 【M41】 等々力陸上競技場/6,353人
東福岡(福岡) 0-1 東海大仰星(大阪)
(東海大仰星) 吉田純平(66分)
福岡県代表東福岡のスタメンは、1 前島正弥、13 砂原一生、4 児玉慎太郎、2 阿部海大、3 小田逸稀、6 鍬先祐弥、18 福田湧矢、10 藤川虎太朗、11 髙江麗央、7 青木駿、9 藤井一輝の4-1-4-1。
大阪府代表東海大仰星のスタメンは、1 宮本一郎、2 大東史明、5 吉田純平、3 玄尚悟、6 面矢行斗、8 原田紘汰、4 大崎航詩、10 松井修二、9 新保隼人、11 見野龍太郎、18 藤山海星の4-2-3-1。

東海大仰星が勝利
立ち上がりから素早いパス回しを見せてサイドから攻略を狙ってくる東福岡に対して、東海大仰星は全体がやや下がり目で受ける形となる。
完全に試合は東福岡ペースで、東海大仰星はカウンターを狙いたいのだが、ボールを奪ってもなかなか前に運べず、ただ、徐々に東海大仰星も前に出ていくことが出来るようになる。
東海大仰星が東福岡に対して、徐々にチャンスを作れるようになり、後半には決定機を作り出せるようになってくると、66分、左CKからファーサイドに入れたボールに玄がヘディングで折り返すと、中央で松山樹がシュートを狙うもDFがブロック、混戦の中でこぼれたボールが吉田純の足に当たってゴール、東海大仰星が先制。
1点を追う東福岡が攻めに行きたい所だが、東海大仰星はプレスを緩めず、奪ったら前線へとフィードを繰り返し、東福岡が焦りからか攻撃が単調になってきて、東海大仰星の守備を崩しきれない。
東海大仰星は終盤には、安全にボールを蹴りだすなど、しっかりとリスクを考えた戦い方を見せて、結局、東福岡は最後まで東海大仰星ゴールネットを揺らす事は出来ず、試合終了、東海大仰星が初のベスト4へと駒を進める。

番狂わせ
前評判としてはやはり前回王者であり、ここまでも安定して勝ち上がってきた東福岡と、ギリギリの戦いを続けてきた東海大仰星では、東福岡有利と言う所があっただろう。
しかし、結果として、東海大仰星が勝利と言う番狂わせが起こった。
要因はいくつかあろうだろう。
ただ、最大の要因は、結局のところ、東海大仰星が強かったという事だろう。
東福岡は、個人技では確実に東海大仰星を上回っていて、1対1で抜かれる場面は何度かあって、ピンチもあった。
それでも、東海大仰星は今大会、初戦の藤枝明誠相手でもそうだが、個人技でやられる相手でも組織的に守りきる力がある。
全体がコンパクトに保っていて、メンバー全体が連動したプレッシングを仕掛けることが出来るので、東福岡がボールを支配していて、個人技で上回り、1対1で優勢に立っていても、すぐさま二人、三人のプレスを仕掛けて、囲み込んでいく。
そうなると東福岡としてはサイドから攻めたくても、そのサイドで囲まれて壁に当たる、この辺は、東海大仰星は富山一戦でも見せていた守備であり、そこからの攻撃で勝利を引き寄せてきた。
結局、確かに王者として強さで上回っていた東福岡ではあるが、東海大仰星もここまでの経験を活かして、東福岡相手の準備も出来ていたという事だろう。
番狂わせではあるが、しかし、同時に順当に勝利したという事だろう。

前哨戦は東海大仰星勝利
放送中何度かあったが、同時期に行われている花園での高校ラグビーで東海大仰星が、サッカー部よりも先に決勝進出を決めた。
そして、決勝の対戦相手は東福岡と決まったとの事である。
つまりは、ラグビーとサッカーの両方で、対戦する事になった訳である。
しかも、ラグビーに関しては、サッカーとは逆に、東海大仰星が前回王者であり、昨年無敗の王者として君臨した実績があるが、今年に関しては、東福岡がその東海大仰星と同じく公式戦無敗となっているそうだ。
ラグビーはラグビーで非常に楽しみではあるが、まずは、東海大仰星のサッカー部が、ラグビー部に先んじて、東福岡を倒した。
これによって、ラグビー部の決勝は決勝で楽しみになるだろう。
また、ラグビー部の活躍によって、東海大仰星サッカー部としても、ベスト4で満足は出来ない。
部活動の良い面としての、共に切磋琢磨するという事も、良い方向で発揮されるのではないだろうか。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。