2017年01月16日 [09:07]   駅伝 | スポーツ | 陸上 

皇后盃 第35回全国都道府県対抗女子駅伝

新年のスポーツ大会と言えば、個人的には、天皇杯に、高校サッカー、高校ラグビー、そして、陸上の箱根駅伝と全国都道府県対抗女子駅伝かな?
都道府県代表の女子たちが、都大路を駆け抜けた。
いやー、大会自体も盛り上がりましたが、それと同時に、天候が・・・
日本全国的に、過去最大級の寒波によって、天候が大荒れになった週末でしたが、京都も、前日の昼からの雪で、市内も白く染まっていて、朝から、大会スタッフにボランティアの人々が総出で雪かきをするなど、一時は中止になるかもしれないという話もありましたが、無事、スタート。
センター試験の時期に雪って言うのは、良くあったような気がするんですが、調べたら、過去の大会で、当時に雪となったのは初らしいですね。
ただ、その雪の中で、特にレース途中で、激しく降る雪に、TV画面からも後ろが真っ白で見えなかったり、選手の頭に雪が積もったりと、非常に厳しい状況下でのレースではあったのだが、特に事故も無く無事に終わって良かった。
滑ってこけるような選手もおらず、雪の中で、レース自体は白熱。
最終的には、京都が3年ぶり16度目の優勝を果たした。
序盤は先頭グループからトップに立っていたが、4区で追いつかれて一気に順位を落としたが、激しい雪の中の5区に前にきっちりとついて行って、最終的に逆転、最後にも追い上げられるも逃げ切った。
本当に面白いレースでしたが、それと同時に、何度も書くようですが、本当に事故が無くて良かった。

雪の中でのレースで、こういう公道を走る場合、当たり前ですが、選手が来たら車を止める。
ただし、レースが終わるまで止めるのではなく、選手の状況に応じて通して、止めてを繰り返す。
最初の方は、全体が固まっているので、一旦全体を通すまで止めるのですが、終盤に近付くにつれて、それぞれの距離が離れていく。
そうなると、例えば集団が抜けて、次の集団が来るまでの間に、車を通したりするのですが、今年の箱根で、実際、あわや事故になりそうなと言う事がありましたが、雪の中で、状況のやり取りが大変な中で、良く整理できていたと言えますね。
大会自体も京都が優勝したわけですが、個人的には、この大会を無事に行えたという意味でも京都は素晴らしかったと言えますね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。