2017年01月17日 [09:26]   徒然なるままに | ブログ | 徒然なるままに 

性善説と性悪説と

最近、不祥事なんかが多くて、偶にTVなどで、日本は性善説で組織を作ってるから問題で、性悪説で組織を作らなければとか聞く。
しかし、それって、間違っているよね?
そもそも、性善説とか性悪説を間違って使っているんですよねぇ。
何と言うか、「性善説」は、人間は良い人だから問題は起こさない、「性悪説」は人間は悪い人だから、問題を起こす。
どうにもそんな勘違いをしていますねぇ。
確かに、性善説とは、人間の本性は善であると語っていますし、性悪説とは、人間の本性は悪だとしている。
ただ、問題は、善と悪を間違っているんですよねぇ。

性善説で言う所の善と言うのは、聖人とか君子とかが持つ徳みたいなもの。
そういう物を人は持っているというものである。
そして、性善説で語っているのは、そういう善性を人間は本質的に持っているが、それは、殻の中というか、そのままでは出てこないので、努力をして、その善を出す必要があるというのが性善説の話である。
つまり、組織を性善説で作るとか、そもそも、性善説の善性は徳のようなものであり、であれば、そういう組織作りは、それこそ、利益主義時走らない、凄い組織を作ろうって事じゃないのか?
人を信頼して、悪さをしないだろうというものではなく、性善説にのっとるのであれば、徳を出す為に、利益とかではなく、社会や世界の為に働く組織って事で、それって、ボランティア団体って事じゃないか? そんな会社、ほとんどないだろう?
そもそも、悪さをしないだろうと思っての組織作りは、性善説ではなく、楽観主義とか言うものだろう。もしくは、平和ボケって奴か。
性善説とか誤った使い方よりも、楽観論とか、楽観主義の方が、もっと何とかしないとと思って、対処できるんじゃないかな。

そして、同様に性悪説も、決して、人間は悪さをする人たちって事ではない。
この場合の、悪は、例えば怠けるとか、誤魔化すとか、ある意味、間違ってはいない使い方であるが、性悪説の本質も、結局のところ、性善説と同じく、そうやって怠けようとするから努力をしようと言う物である。
その意味では、性悪説で組織を作ろうって言うのは、会社として間違っていないなぁ。
ただ、本質のところで間違っているんだよなぁ。どちらかと言うと、この性悪説から発展した、法家主義とかの方がルールを作ってと言うので、正しいと言えるだろうなぁ。

何と言うか、評論家と言うか、専門家と言う人ほど、自分の発言には気を付けて欲しいですよね。
こういう人が間違った事を言うと、それが間違ったまま広まって、本来からかけ離れてしまうからねぇ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。