2017年01月28日 [08:52]   徒然 | 政治・経済 | 政治関連 

東京都改革

小池百合子が東京都知事に就任して、もうすぐ半年となる。
改革を掲げて当選した訳ですが、正直、どうなんでしょうかね?
個人的な人気も大きいが、改革を前面に出して、当選後も、色々と東京都の闇と言うか、腐っている部分を明らかにするなど、改革方面で人気を伸ばしていた訳ですが、この半年、結果として膿を出せたかと言うと、正直そういう風には見えない。
例えば、細かい部分はいくつかありますが、次の点が、今話題になっている部分ではないでしょうか。

・都議会改革
・東京五輪改革
・豊洲移転改革


都議会改革に関して言えば、都議会のドンとか表に引っ張り出しましたが、では、何かを変える事が出来たかと言うと、変えられるわけがない。
当たり前ですが、都議会を改革するためには、都知事がどうこう出来るものではなく、都議会の中で都知事の意向をくみ取る支持者が必要になる。
現在、今年の都議会選に向けて、小池新党の結成の動きが出ているが、そもそも、本人が未だに自民党にいる状態で、本気度が見えてこないというか、自分は安全策を取りながらというのもちょっと本気に感じませんね。

そして東京五輪改革に関して、確かに大きく費用を下げさせることが出来た。
これはこれで大きいが、色々と変化させたいという所で、成果をあげているとは言い切れない。
特にアスリートファーストと言う割には、アスリートの事を考えているとは言えない。
また、結果としてであるが、先に書いたように費用を抑えることは出来たのですが、元々の計画を変化させた訳でも無く、アスリートの意見が採用されている訳でも無い。
何をもってアスリートファーストと言うのか不明ですし、現状で、東京五輪に向けての変化が見えてこないのも改革が進んでいるようには見えない要因でしょうね。

最後に豊洲移転に関しては、完全に想定外だろう。
元々、以前の発言から考えると、豊洲移転を想定し、ただ、問題があるという所を洗い出して、そこを改善する事で、改革をしたようにも見せる事が出来た案件だったと思うのですが、まさかの事態になりましたからね。
石原元都知事にも責任があれば、責任を取ってもらうというのは良い事ではあるが、しかし、現状の状況下での豊洲の移転は難しく、かといって築地のままと言うのも問題である、正直落とし所を見失っている状況だと言えるだろう。

現状では、まだ、小池都知事の支持者は多いので、問題にはならないが、今後、人気が低下してきた時に、現状での自民党の発言などをみる限り、彼女に人気があるから、容認している部分も、人気が無くなれば切って捨てる可能性も十二分にあり、そうなると、個人の人気だけでよって立つには、厳しいかもしれませんね。
そして、これはマスコミ何かを中心に良く、橋下元大阪市長と比較と言うか対比と言うかされていますが、確かに改革をベースにして、既存勢力に対して喧嘩を売るようなやり方は近いものがある。
しかし、明確に違いがある。
大阪では、確かに改革を目指していたが、その部分において、元々、府と市の二重行政の改革という事で、大阪都構想があって、将来的には地方への権力の分散という道州制もありましたが、改革のベースは都構想なんですよね。
ですから、他の改革が成否分かれても、都構想さえ動けば橋下改革は動いているとなった。
それに対して、小池改革に関しては、これと言う目標が無く、何となく改革をするという事になっている。
とした場合、問題は、常に何らかの改革をしていないと、それは停滞や後退となってしまう。
本人の人気に依存している状態ですから、改革に関して疑問視が打たれ出すと、正直、都民が一気に掌を返す可能性もある。
すでに半年、ここらで、何らかの成果を見せないと、そろそろ厳しくなってきましたね。
分かり易い所で、何か、目標を定めるのが本当は良いのでしょうけどね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。