2017年01月31日 [09:38]   川崎フロンターレ | スポーツ | その他/2017 

2017年Jリーグ補強 川崎F

2017年のシーズン前の補強状況の確認。
しかし、Jリーグも移籍期間を決めてやったらいいと思うんですけどね。
さて、そんな訳で、今回は、昨季リーグ戦2位の川崎F。
2016年の川崎F

J1 2位 勝点72 34試合 22勝 6分 6敗 得点68 失点39 得失点差+29
SC 3位
YLC グループB 3位(敗退) 勝点8 6試合 2勝 2分 2敗 得点9 失点5 得失点差+4
天皇杯 準優勝


常に優勝争いをしていながら、結局最後の最後、それこそ、天皇杯の決勝までも進みながら、結局、タイトルを獲得できず、無冠の強豪と言う事が変わらないままになっている。
とにかくシーズンを通して優勝が後一歩のところにまでいきながらも、悉く指先から零れ落ちた。
16戦無敗とチーム新記録を出しながらも、終盤になると、勝敗が安定せず、勝点を稼ぎ切る事が出来なかった。
その為に、浦和の後塵を拝する事になってしまった。
点は取れていて、失点も抑える事が出来るようになっていた。
しかし、結果として、肝心の試合では点を取る事が出来ず、勝たないといけない所で、失点をして敗れる、それは、SC、そして、天皇杯で敗れた鹿島と逆で、先制を許して、その後、SCでは追いつくことが出来ず、天皇杯では追いつけたものの、その勢いを活かせず、延長で敗れた。
肝心な所で勝ち切れないという勝負弱さの払拭は、補強と言うよりも、何かを吹っ切る事が出来るかと言う所だろう。

補強状況

In
GK
ポープ・ウィリアム [ 東京V/期限付き移籍 ]
DF
舞行龍ジェームズ [ 新潟 ]
エドゥアルド [ 柏/完全移籍 ]
タビナス・ジェファーソン [ 桐光学園高校 ]
MF
家長昭博 [ 大宮 ]
阿部浩之 [ G大阪 ]
エドゥアルド・ネット [ アヴァイFC(ブラジル)/完全移籍 ]
田中碧 [ 川崎フロンターレU-18 ]
FW
ハイネル [ ポンチ・プレッタ(ブラジル)/期限付き移籍 ]
知念慶 [ 愛知学院大学 ]

Out
GK
高木駿 [ 大分 ]
DF
小宮山尊信 [ 横浜FC ]
福森晃斗 [ 札幌/完全移籍 ]
MF
橋本晃司 [ 未確定 ]
中野嘉大 [ 仙台/期限付き移籍 ]
原川力 [ 鳥栖/期限付き移籍 ]
可児壮隆 [ FC今治/期限付き移籍 ]
FW
大久保嘉人 [ FC東京 ]
安柄俊 [ 熊本 ]
(2017年1月29日現在)


評価は70点と言う所だろうか。もしくは、60点かなぁ。
この辺は風間監督の評価によるかもしれない。
大前提として、今の川崎Fを作り上げた風間監督の退任は、大きなマイナスであり、代わりに監督に就任した鬼木監督の手腕は未知数なので、その分をマイナスにしている。
しかし、過去、ペドロヴィッチ監督の後釜として監督に就任して、結果を出した森保監督の例もあり、風間監督の下でその手腕を見てきた鬼木監督の手腕が発揮された時には、この評価は大きく変わるだろう。
どういう布陣を考えているかは分かりませんが、大久保嘉が抜けた穴は大きいかと思いましたが、小林悠が穴埋めをし切れなくても、同じ布陣で考えた時にシャドーに入れる家長昭が、結果を出せるだろう。
また、チームになじめるかどうかではあるが、ハイネルはFW登録されているものの、ブラジルではMFとしてプレーをしていて、中村憲の代わりも務められるし、ドリブルの切れ味もあって、シャドーとして迫力があるだろう。
他にもG大阪で攻守で活躍した阿部浩を獲得した事で、前線からのプレッシングの威力も増していく。
ただ、前線に戦力が厚みを増して、ACLでも結果が出せそうであるのと逆にというか、後ろは少々心許ない。
GKのチョン・ソンリョンとの契約を更新できた事は大きく、ここは非常に良かったのだが、DFに関しては、元々層が薄く、そこに舞行龍を獲得、また、エドゥアルドを完全移籍で獲得できたので、決してマイナスではないのですが、しかし、ACLを戦う上では、若干層の厚さに不安はある。
その上で、一番の問題はCHであろう。
昨季のMVPである中村憲をCHに戻す事も出来、エドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、リオ五輪でも活躍した大島僚もいるのだが、やはり層の薄さ、特に、潰し役となれるような、試合の終盤、勝ち切る為に相手を抑える為の選手がいないのは課題だろう。
まだ、可能性があるのであれば、誰か獲得しておきたい所ですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。