2017年02月02日 [08:58]   ガンバ大阪 | スポーツ | その他/2017 

2017年Jリーグ補強 G大阪

2017年の補強を確認していく中で、今回は、昨季、不本意な結果となったG大阪。
2016年のG大阪

J1 4位 勝点58 34試合 17勝 7分 10敗 得点53 失点42 得失点差+11
XSC 準優勝
YLC 準優勝
天皇杯 ベスト8敗退
ACL グループG 4位 勝点2 6試合 0勝 2分 4敗 得点4 失点9 得失点差−5


先にも書いたようにタイトルを獲得できず、不本意なシーズンとなった。
負傷者の影響もあって、なかなか結果が出せず、特にACLでは未勝利となりグループ敗退。
Jリーグに関しても、なかなか結果が出せず、特に新しくホームスタジアムとなった吹田Sでの成績が悪く、それもあって結果が出なかった。
最終的に3位の鹿島と勝点差は1ではあったが、4位に終わった事で、SCに出場も出来ず、天皇杯もベスト8で敗退したものの、天皇杯を鹿島が制した為に、今季、POに回る事が出来た。
他にもYLCでは、3年連続の決勝進出を決めたものの浦和との戦いはPK戦で敗れてしまった。
結局、無冠に終わった昨季であった。

補強状況

In
GK
鈴木椋大 [ 横浜M ]
DF
三浦弦太 [ 清水 ]
ファビオ [ 横浜M ]
ペ・スンヨン [ ボイン高校(韓国) ]
MF
泉澤仁 [ 大宮 ]
井出遥也 [ 千葉 ]
森勇人 [ 名古屋 ]
中原彰吾 [ 札幌/期限付き移籍 ]
高江麗央 [ 東福岡高校 ]
高宇洋 [ 市立船橋高校 ]
食野亮太郎 [ ガンバ大阪ユース ]
FW
郡大夢 [ 東京V/期限付き移籍 ]
アデミウソン [ サンパウロFC(ブラジル)/完全移籍 ]

Out
GK
なし
DF
岩下敬輔 [ 福岡 ]
西野貴治 [ 千葉/期限付き移籍 ]
MF
小椋祥平 [ 未確定 ]
岡崎建哉 [ 栃木 ]
阿部浩之 [ 川崎F ]
内田達也 [ 東京V/期限付き移籍 ]
大森晃太郎 [ 神戸 ]
FW
小川直毅 [ 未確定 ]
赤嶺真吾 [ 岡山/完全移籍 ]
(2017年1月31日現在)


評価は40点でしょうかね。
一番大きなマイナスは、大森晃と阿部浩の移籍になるだろう。
ただ、移籍したのではなく、情報として事実かどうかは分かりませんが、フロントが、彼らの活躍を正当に評価していないという噂が流れた。
これが事実でなかったとしても、こういう情報が流れると、特に自称サポーターたちに対してマイナスになり、それは、今季、G大阪が開幕ダッシュに失敗して、序盤で成績がふるわないと大きな批判にさらされてしまうだろう。
しかし、そういう精神的な部分を除いた場合も含めても、補強としては失敗だろう。
概ね、戦力増強を果たせず、一応入れ替えという形になる。
FWとしては、アデミウソンを完全移籍で獲得したが、1トップと言う部分では、これはと言う選手がおらず、今季もアデミウソンを起用することになりそうで、長沢駿や呉屋大がどこまでシーズンを通して機能するのかが肝心になりそうだ。
中盤では、先の大森晃と阿部浩が抜けてしまって、代わりに泉澤仁と井出遥、森勇を獲得したが、この辺は、やはり大森晃と阿部浩の穴を埋められたとは言えない。
元々、人材豊富な部分ではあるが、穴埋めが出来ないのでマイナスだろう。
CHの部分は、内田達が抜けて、ほぼ、遠藤保と今野泰、そして、井手口陽の3枚に頼る事になるが、そろそろ遠藤保に関してもフル稼働が難しくなったとしたら、代わりの部分が抜けてしまう。
そして、昨季負傷者が多くて課題となった最終ラインは、岩下敬と西野貴がいなくなって、ファビオと三浦弦を獲得したが、入れ替えとしかならない。
つまり、大きく戦力増強は出来ず、入れ替えは出来たが、それはマッチする事が出来れば、大きな成功になるが、総じて、マイナスとなりそうだ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。