2017年06月29日 [05:48]   コンフェデ杯 | スポーツ | CC/2017 

CC2017 メキシコ vs ロシア

CC2017のGLも最終節。
グループAでは、メキシコとロシアの試合は、メキシコは引き分け以上でGL突破、ロシアは勝てばメキシコを上回れるので、GL突破が決まる。
後は、もう一方の試合でポルトガルの負ければ、メキシコは負けても、ロシアは引き分けでも突破が出来るが、やはり、ここは自力で突破を決めたいというのが両チームの考えだろう。

FIFAコンフェデレーションズカップ ロシア 2017
[9]グループA 最終節 カザン カザン・アリーナ/41,585人
メキシコ 2-1 ロシア
(MEX) N. ARAUJO(30分)、H. LOZANO(52分)
(RUS) SAMEDOV(25分)
メキシコのスタメンは、13 Guillermo OCHOA、5 Diego REYES、2 Nestor ARAUJO、15 Hector MORENO、7 Miguel LAYUN、16 Hector HERRERA、6 Jonathan DOS SANTOS、18 Andres GUARDADO、22 Hirving LOZANO、14 Javier HERNANDEZ、11 Carlos VELAの4-1-2-3。
ロシアのスタメンは、1 Igor AKINFEEV、19 Alexander SAMEDOV、6 Georgy DZHIKYA、5 Viktor VASIN、13 Fedor KUDRIASHOV、18 Yury ZHIRKOV、21 Aleksandr EROKHIN、8 Denis GLUSHAKOV、17 Aleksandr GOLOVIN、9 Fedor SMOLOV、11 Aleksandr BUKHAROVの5-3-2。

ロシアが逆転勝利
立ち上がりにお互いに決定機を作り出すが、時間経過とともにメキシコのパス回しの結果、ロシアはズルズルと下がって、押し込まれる展開となるが、下がって受ける事で、中盤でのプレスはかからないが自陣ではスペースを与えないので、完全にやられているという展開ではない。
劣勢だったロシアだったが、24分、中盤でボールを奪うと、ボールを受けたSMOLOVが強烈なミドルシュート、しかし、これはポスト直撃も、こぼれ球を左サイドへ展開、GOLOVINがクロス、中央でGLUSHAKOVのヘディングは合わなかったが、その外でEROKHINがフリーでボールを受ける、左足でシュートを狙い、これを空振りしてしまうものの、更に外に流して、SAMEDOVがギリギリのコースで決めて、ロシアが25分先制。
29分、今度はメキシコのDOS SANTOSがミドルシュートを狙うと、これをブロックに飛んだGOLOVINの腕に当たりハンド、この後のFKはGKに弾かれクリアされるも、そのボールを拾ったメキシコが、攻め残った選手を利用して、ゴール前に放り込んだボールをN. ARAUJOがGKの位置を見極めたヘディングでのループシュートを決めて、メキシコが30分、すぐさま同点に追いつく。
ロシアに決定機が生まれるが、なかなかゴールを奪えないと、52分、メキシコが思い切ったクリアと言うか、一気に自陣深くからロシアゴール前まで蹴ると、PAのやや外の位置で、メキシコのH. LOZANOが突っ込んできた事で、GKは足で処理しに行くが、それよりも早くH. LOZANOがシュート、これが無人のゴールに吸い込まれて、メキシコが勝ち越す。
ロシアが後半ペースを握っていた所で逆転されたが、その後、何度かチャンスを作るもゴールを奪えず、逆に、メキシコが60分、追加点を奪ったかと思われたが、VTRの結果、オフサイドでノーゴール。
1点を追うロシアだったが、68分、競り合いの中でZHIRKOVがひじ打ちをしてしまい、この試合2枚目のYCで退場、ロシアはここで一人少なくなる。
何とか攻めたいロシアだったが、メキシコが試合を締めにかかって攻め切れなく、結局、メキシコがそのまま逃げ切り、ロシアはGL敗退が決める。

隙が命取り
前半はメキシコペースだったが、後半はロシアペースであり、ほぼ互角でどちらが勝ってもおかしくなかった。
つまり、どちらがGLを突破してもおかしくなかったと言える。
その両チームの戦いを分けたのは、ミスとそのミスを逃さなかった事だろう。
決勝点になったシーンは、間違いなく、GKの判断ミスだったが、それを逃さなかった。
ほぼ、ただのクリアだったのをメキシコがゴールに繋げたのは大きい。
世界との闘いでは、こういう一寸の隙をつく、隙をつかれるというのが、どうしても出てくる。
そういうのが重要になってくると言えるだろう。
その意味で言えば、メキシコの方がロシアよりも、こういう大会に慣れていると言えるだろう。
つまり、日本もこれから戦っていく上では、こういう隙を逃さない事、同時に、こういうミスをしない事が重要になってくると言えるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。