2017年10月09日 [16:15]   キングオブコント(C-1グランプリ) | お笑い | 徒然なるままに 

キングオブコント2017

あれ、いつもこの時期だっけっと思っていたら、確かに10月第1週だった・・・。
2017年のコントNo.1を決める戦い。今年は

完全に私は忘れていたのですが、機械は自動で録ってくれていて、本当に技術は進歩しているんだねぇ。
決勝進出メンバーは以下の通り。

わらふぢなるお (サンミュージックプロダクション) 初出場
ジャングルポケット (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京) 3年連続3回目
かまいたち (よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 2年連続2回目
アンガールズ (ワタナベエンターテインメント) 初出場
パーパー (マセキ芸能社) 初出場
さらば青春の光 (ザ・森東) 2年ぶり5回目
にゃんこスター (フリー) 初出場
アキナ (よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 2年ぶり3回目
GAG少年楽団 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京) 初出場
ゾフィー (フリー) 初出場


既に売れているというか、番組で見かける顔が出てくるキングオブコントですが、しかし、アンガールズが今更出てくるか?
しかも、決勝初か。
それにしても、アンガールズは別としても、初出場が、4組ですが、その内、にゃんこスターとゾフィーがフリーって、凄いな。
フリーって事は、芸を見せる機会って、劇場をもっているような事務所所属と比べると、やっぱり不利だと思うんですよね。
更に言えば、にゃんこスターは、結成5ヶ月とか・・・凄いと考えるべきか、変化と考えるべきか、どちらなのかな。
司会・進行と審査員は、過去2大会と同じ。

司会 浜田雅功
審査員 松本人志、三村マサカズ、大竹一樹、設楽統、日村勇紀




ファーストステージ
わらふぢなるお 434(85)
トップバッターだから基準となりますが、緊張もあったのかな?
設定的にありきたりだけに、どう展開するのかとも思ったんですが、そのまま終わった感がありますね。

ジャングルポケット 452(90)
ジャングルポケットらしいネタと言うか、極限状態の狭い範囲でのネタとしては最高。
絶対ないけど、同じ状況なら、商談よりも優先しますねぇ。

かまいたち 464(88)
面白いというよりも上手いなぁ。
淡々とボケを積み重ねていきながら、一気にオチに持っていくのは見事ですね。

アンガールズ 452(83)
何と言うか、アンガールズの世界観ですが、個人的には合わないんだよなぁ。
しかし、気持ち悪い。

パーパー 421(80)
何だろう、良く分からないけど、噛んだのは狙いか、顔芸もあるのか?
アンガールズに似たにおいを感じるが、それ以上に良く分からない感じだなぁ。

さらば青春の光 455(93)
こういう手法はありなのか? 確かに、間違いで来た時に美味そうなら注文してしまいそう。
コントとしても、商売としても優秀なネタですね。

にゃんこスター 466(93)
何だこれ、本当に何だこれ?
コントと言えばコントですが、ボケとか流れとか、何だろう、わけわからないのに、ただ面白いって、ホント、何だこれ?

アキナ 432(84)
怖っ!
最初は面白かったけど、天丼で面白くなるより、怖さの方が前に出るって、ネタとしてどうなのよ。

GAG少年楽団 419(82)
設定は良いのに使いこなせていないというべきか・・・。
もうひとひねりと言うか、もう少し意表をつく展開が欲しかったかな。

ゾフィー 422(83)
何だろう、こっちも怖っ!
うーん、ただ、何と言うか爆発力と言うか、声は大きいが、展開として意外性は無かったな。



ファイナルステージ
アンガールズ 452(80) 計904
正直、アンガールズらしさはあるが、個人的にアンガールズのネタを面白く感じないって事か。
ベテランらしさはあるんですけど、やっぱり、これと言う笑い所が無いんだよなぁ。

ジャングルポケット 458(90) 計910
こちらも、ベテランの味と言うか、もう自分たちの形をもっていますね。
ここまで来ると、本当に好き嫌いですね。

さらば青春の光 467(91)
気付いたらいけない事を気付いてしまったって感じですねぇ。
面白い設定を活かしきっていますね。

かまいたち 478(92) 計942
上手いネタ・・・裸で出てくんなよ・・・
しかし、本当に人によっては大怪我するぞ。

にゃんこスター 462(80) 計928
縄跳びとフラフープの違いがあるだけ全く同じ。
コントで完全に同じネタを2本続けてやったらダメだろう。



10回目の記念大会を制したのはかまいたち。
おめでとう!かまいたち
新人が話題になった大会ではあったが、ファイナルは、本当に経験の差かな。
特に、話題となったにゃんこスターに関しては、2本目に関してのネタがまだまだ足りない。
それに対して、かまいたちに限らず、他の組は、自分達らしいネタをもう一本出すことが出来る。
この辺の引き出しの差と言うか、ネタの豊富さ、そして、それを色々と試してきて、磨いてきた事による経験と言うのは、やはり大きいな。
確かに若かったり、出てきた所での勢いのようなものは、こういう短期決戦の大会では結果に繋がる事もあるが、その場合、その大会の後、結局使い物にならない。
そこを超えていけるかどうか、それは結局、経験なのかもしれませんね。
かまいたちにとってみれば、良いきっかけになりましたが、既にあちらこちらに出ているアンガールズを除くと、他の組に関してもこの内容は良いきっかけになりましたね。
そして、同時ににゃんこスターに関しても、ここでこれだけ注目された事が、この後、それをどう活かすのか、来年のキングオブコントに戻ってこれるかどうか、非常に重要な1年になりそうですね。
ま、それはそれとして、とにかくかまいたちの貫録勝ちという所で、面白かったです。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。