FC2ブログ
2019年01月21日 [23:03]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 日本 vs サウジアラビア

2019年のACも、ここからはKS。
今回から1試合多くなっているが、このKS初戦の相手はサウジアラビア。
トータルでは勝ち越している相手ではあるが、直近の試合では敗れているだけでなく、スピードのある相手で日本にとっては、やり辛い相手。
相手のスピードを封じて、どうやって日本がペースを握るのか、課題のバランスが問われる試合。

AFCアジアカップUAE2019 ノックアウトステージ
【M40】R16 シャルジャ・スタジアム/6,832人
日本 1-0 サウジアラビア
(JPN) 冨安健洋(20分)
日本のスタメンは、12 権田修一、19 酒井宏樹、16 冨安健洋、22 吉田麻也、5 長友佑都、7 柴崎岳、6 遠藤航、21 堂安律、9 南野拓実、8 原口元気、13 武藤嘉紀の4-2-3-1。
サウジアラビアのスタメンは、21 MOHAMMED AL OWAIS、2 MOHAMMED AL-BURAYK、23 MOHAMMED AL-FATIL、4 ALI HADI ALBULAYHI、13 YASEER ALSHAHRANI、14 ABDULLAH OTAYF、11 HATAN BAHBRI、20 ABDULAZIZ AL-BISHI、16 HUSSAIN ALMOQAHWI、10 SALEM AL DAWSARI、19 FAHAD AL MUWALLADの4-1-4-1。

前半
サウジアラビアのキックオフで試合開始。
立ち上がりいきなりサウジはセットプレーのチャンスを作ると、23番AL-FATILが上手く裏に飛び込んでヘディングシュートに来るが、ここは枠を外す。
立ち上がりの主導権は完全にサウジが握って、ボールを支配して、圧倒してくる。ただ、日本も守備面ではブロックをきっちりと作って、相手にスペースを与えず、13分には、少々軽いプレーから決定機を作られて強烈な20番のシュートもあったが、吉田麻が顔面ブロックを見せるなど、チーム全体がお互いのカバーをしっかりと出来ている。
しかし、日本はビルドアップのところで合わない事が多く、どうしても繋げることが出来なくて、サウジのプレスにはまって押し込まれている展開になってしまう。
劣勢の日本だったが、20分、左CKのチャンスを得ると、ニアサイドに選手が入って囮になると、冨安健がニアに行くと見せかけてファーに流れてヘディングシュートを決め、日本が先制。
日本が先制した事で、流れを掴みながら、サウジの攻撃に対して余裕が出てくる。
少しずつ、サウジに焦りが出てきたのか、ラフなプレーが出てきて、日本の選手に対してアフターで当ってくるようになってくる。
サウジの攻勢が序盤よりも若干弱まったものの、攻めているのはサウジと言う展開は変わらず、日本はミスから危ないシーンになるなど、苦しい展開ではある。
サウジがボールを支配する展開は続いているが、日本の守備もほとんど崩されないまま、前半は日本の1点リードで折り返す。

後半
両チームとも交代は無く、日本のキックオフで後半開始。
後半立ち上がりから、前半と同じくサウジが攻めて日本が守るという展開。
ただ、日本の守りは安定している事もあって、サウジ相手に決定機を作らせず、時間を経過させていく。
なかなか攻められないサウジは、イライラしたプレーも増えているが、日本は冷静に対応していくが、しかし、日本も追加点を狙いたい所でもあるが、ボールを繋ぐことが出来ず、どちらも徐々に足が止まってきていて、苦しい展開になっていく。
時間だけが経過していく中で、日本は77分、南野拓に代えて伊東純を投入、堂安律を中に入れて、右サイドをスピードで裏を狙っていきたい。
日本が守る時間が続いていく中で、日本は完全に守って逃げ切るという意図のようで、89分、堂安律に代えて塩谷司を投入、CHに3枚を並べて、守備ブロックを形成する。
アディショナルタイムには、前線からの守備で頑張った武藤嘉が足を攣っており、北川航と交代する。
結局、日本が1点を守り切って試合終了。ベスト8へと駒を進める。

守り切った日本
日本の戦い方を見ていると、この展開はもしかしたら想定通りだったのかもしれない。
大迫勇が練習に復帰したという話はあったが、まだスタメンは無理という事で、ベンチ入りをしているが、試合終了までアップにも参加しなかったようですが、代わりに1トップに入った武藤嘉が、攻撃よりも守備での貢献を期待以上に出来ていたと言える。
これまでの日本はアジアでは、基本的にボールを支配して攻める展開が多くて、実際、GSでは、ボールを支配していて、相手は守りを固めて、ボールを奪ってカウンターと言う展開を仕掛けてきていて、その守備を崩す事が出来ず、前に出てしまって裏を取られる。
そういう意味で、サウジは、まだ、自分たちでボールを支配しようとする点で、日本にとってみればやり易い相手だったと言えるかもしれない。
ただ、そこで割り切ったのか、相手がボールを支配する事を許しておいて、自分たちがこれまでやられていたように、きっちりと一旦ブロックを作っておいて、前に出て守る、まさに、ここまでのGSで、オマーン何かが日本相手にやってきた守り方を日本が見せた。
その意味で、守備は安定とまでは言わないが、サウジの攻撃に90分間、あれだけ試合されていて危ないシーンは数えるほどしかなかった。
ただ、正直言えば、攻める事、特にカウンターを見せることが出来なかったのは課題と言えるだろう。
この辺、守備の不安定さもあったが、攻撃陣もアイデア不足と言うべきか、どうにも攻め手に欠ける気がして仕方がない。
奪ってからの攻撃のオプションを増やす事、あれだけサウジが前掛かってきている中でカウンターでチャンスを作れないようでは、終盤の苦しい展開に繋がってしまう。
前に出てきている所で、カウンター一発で仕留める事が出来る、そうすると、ボールを相手に持たれていても、持たせている、試合の主導権を握っていると言えるのだが、この試合では、カウンターの可能性が、前線の4人の関係性が悪くて、チャンスを作れなかった事が、結果として、劣勢な展開へと繋がった。
点が取れなくても相手に脅威を与える攻め、それが、無いと、ただ守りは劣勢の証にしかならない。



個人的な個人評
12 権田修一 6.0 危ないシーンは無かったものの、危なげなく守れていた。
19 酒井宏樹 6.0 守備で相手のサイド攻撃をケアするも、何度か1対1で負けてしまった。
16 冨安健洋 7.5 本日のMOM。得点もそうだが、何よりも守備で良く状況をみてポジション取りが出来ていた。
22 吉田麻也 7.0 体を張った守備にきっちりとスペースを消しておいてボールを奪いに行く守りを見せた。
5 長友佑都 5.0 1対1で負ける場面もあり、ミスもあるなど、少々出来が良くなかった。
7 柴崎岳 5.5 出来ればもう少しボールをおさめて欲しかった。
6 遠藤航 6.0 守備では頑張ったが、攻めに転じる事が出来なかった。
21 堂安律 5.0 惜しいシーンもあったが、あまり持ち味を発揮できず。
18 塩谷司 -- 評価できず。
9 南野拓実 5.5 守備に回る時間が多くて持ち味が出せず、出来れば、前線でキープできればもう少し楽な展開になった。
14 伊東純也 5.0 期待に応えられず、ただ、ボールが出てこなかったので、仕方がないか。
8 原口元気 5.5 守備に奔走する事になって、攻撃になかなか入っていくことが出来なかった。
13 武藤嘉紀 6.5 前線からの守備と、ボールを必死におさめた、惜しむらくはフォローが無かった。
11 北川航也 -- 評価できず。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。